2014年は秋にかけてGPIFが日本株をどんどん買う?

今年は秋にかけて日本株が上がり続けるのか?

国内株式を重視、秋に前倒し 公的年金運用見直し指示(2014.6.7 47NEWS)

によると、年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用資産に占める日本株の割合を増やすそうだ。

厚生労働省は6日、厚生年金と国民年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に対し、運用方針見直しの前倒しを要請した。GPIFは年内としていた見直しを9~10月にも実施する方向だ。約129兆円に上るGPIFの運用資産は国内債券が55%を占めており、昨年末で17%にとどまっている国内株式への投資の比重を高めることになる


もし、GPIFが日本国債を売って日本株を買うと、

日本国債……金利高
日本株……株高

になるはずだ。

ということは、金利が変動する個人向け国債(10年・変動)と日本株を適当な割合で持っておけばOK?

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader