夏のボーナス使い道第1位が「借金返済」っていう悲劇

シェアする

スポンサーリンク

2014年夏ボーナス使い道ランキング(AllAbout)によると、2014年夏のボーナスの使い道は次のとおり。

【1位】ローン返済    18万6531円(42.8%)
【2位】貯金    18万2031円(69.0%)
【3位】旅行・外出をする(海外)    14万6366円(10.7%)
【4位】子供の教育費    14万1953円(32.0%)
【5位】金融商品(投資信託、株式等)の購入・外貨預金など    13万386円(12.1%)
【6位】金融商品(投資信託、株式等)の補填    10万6400円(8.4%)
【7位】商品・サービスを購入する    6万5732円(63.8%)
【8位】旅行・外出をする(国内)    6万1902円(39.9%)
【9位】その他    8万4266円(33.3%)

※カッコ内はその目的にお金を使うと答えた人の割合。また、平均消費金額は「お金を使う予定はない」と答えた回答者数を除いて算出。

使い道の第1位が「借金の返済」ということは「ボーナスがなければしなかった借金がある」といえる。

ボーナスを貰ったばかりにかえって貧乏になっている。アベノミクスでボーナスが増えても借金がふくらむだけでは、何の意味もない。

借金して買うものといえば「家と車」だろう。借金して過重労働に耐えてでも手に入れる価値があるのだろうか。

借金がイヤなのは人生の選択肢を奪われるから。終身雇用なんて終わっているのに借金して消費するなんて考えられない。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS