臨時福祉給付金1万円を配るのに1,750円の手数料がかかる?!

シェアする

スポンサーリンク

低所得者に支給される「臨時福祉給付金」の資料によると、経費の総額は3,420億円だった。

内訳は、

・事業費 3,000億円(本体部分:2,400億円(2,400万人×1万円)、加算部分:600億円(1,200万人×5千円))
・事務費 420億円(うち、地方公共団体分 410億円)

事務費が420億円かかっている。申請書の郵送費や事務処理費だろうか。事務費420億円は経費の約12.3%。

投資信託と比較するのは適切かどうかわからないが「信託報酬12%」の投資信託があれば、ボロカスに批判されるだろう。

対象者は2400万人なので、1人あたり420億円÷2,400万人=1,750円も手数料がかかる。

福祉というより「公共事業」ではないか?もっと安く効率的に分配できないのだろうか?

カネを配る「事業」にカネを使うことが真の狙いだったりして。

<参考>
厚生労働省:臨時福祉給付金(簡素な給付措置)

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS