終戦映画「日本のいちばん長い日」

シェアする

スポンサーリンク

何回も見る秀逸な戦争映画「日本のいちばん長い日」。

昭和20年(1945年)8月14日のポツダム宣言受諾決定の御聖断から8月15日の玉音放送までの長い1日を描く。

ポツダム宣言を受諾してスムーズに玉音放送をして終戦(敗戦)、となったわけではなかった。

日本の降伏を認めない、本土決戦を主張する陸軍将校達がクーデターを画策する(宮城事件)。そのためには玉音放送を阻止しなければならない。

史実は予定通り昭和20年8月15日の正午に玉音放送が実施されるが、そこに至るまでの大混乱を余すことなく描いている。

出演している俳優陣もすごい。日本の名優という名優を総動員して作ったと思える映画だ。

沖縄戦、原爆投下、ソ連の裏切りがあってもなおメンツと保身にこだわり戦争を止めようとせず、昭和天皇の御聖断でやっと止める決断をする。戦後70年近く安全保障(戦争)の議論が進まないのは「日本の政治家・官僚には戦争をまかせられない」という強い不信感が国民にあるからではないだろうか。「戦争したいならもっと賢くなってくれ」というわけだ。

<レビュー>
日本のいちばん長い日(Yahoo!映画)

<予告編>

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS