投資信託の残高が100兆円を突破、しかしMRFが約12兆円

シェアする

スポンサーリンク
お札を数える

2015年5月末時点の投資信託の残高が初めて100兆円を突破したそうだ。

参照:投資信託の資産残高、100兆円突破 株高と円安で利益 (2015.6.7 朝日新聞デジタル)

内訳がどうなっているのか、投資信託協会のサイトを調べてみると、4月末時点の数字があった。

スポンサーリンク

投資信託の残高内訳

2015年4月末時点で投資信託の残高は約99.1兆円。

主な内訳は、

  • 株式投信 81.8兆円
  • 公社債投信 17.3兆円

公社債投信の内、MRFが11.8兆円、MMFが1.9兆円だった。

「投資信託が100兆円を突破!」といっても、99兆円あった4月末時点でも比較的リスクが低いMRF、MMFが約14%を占めていた

MRFのシェア

MRFファンとして、「MRFのシェア」が気になってグラフ化してみた。

20150607_mrf1
▲出典:投資信託協会HP

上位3位の野村、日興、大和のMRFで3/4以上を占めていた。

MRFは、ついこの間まで持っていたが、利息がイマイチなので、定期預金や個人向け国債に振り向けた。

昔はMRF(またはMMF)でも結構利息がついたんだけどね……(ため息)。

毎月末、証券口座の残高が少しずつ増えるのが楽しみだったんだけどね。

<関連記事>
長期投資家がバブル崩壊に備える方法
投資効果が3000倍以上になった3冊のインデックス投資本

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS