寝る前に「黒烏龍茶」を飲んだら夜中に腹痛で目が覚めた

シェアする

スポンサーリンク
oolong tea

正月シーズンが終わり、中性脂肪が気になりだしたので、黒烏龍茶を飲んでみようと思った。

買ったのはサントリーの黒烏龍茶だ。

製品ホームページによると、黒烏龍茶は次の2つの効果があるという。

  • 中性脂肪の上昇の抑制
  • 中性脂肪の排出量の増大

どうやって中性脂肪を抑制するのか、同サイトによると、

黒烏龍茶に含まれる「ウーロン茶重合ポリフェノール」が、小腸で「リパーゼ」のはたらきを邪魔します。 それによって脂肪の吸収が抑えられて、余分な脂肪が体外に排出されます。 その結果、血液中の中性脂肪の上昇が抑制されるという訳なんですね。

黒烏龍茶とは(サントリー)

スポンサーリンク

飲み方を間違えた

黒烏龍茶は原則として「食事中に、1回350mlを目安」として飲まないといけないようだ。

ラベルにはこう書いてあった。

20170118_kurowoo1

わたしは夕食の数時間後、寝る前に飲んでしまった。

(飲み方が適当だった)

すると、夜中に……。

腹痛で目が覚める

夜中の2時頃、目が覚めた。

腹痛だ。

真冬なのに、汗をかいている。

何回かトイレに行った後、腹痛が治まってきたので再び寝た。

朝、目が覚めると、まだ軽い腹痛が続いている。

ここ数年、腹痛なんか経験したことがない。

黒烏龍茶で腹痛?

サラリーマン時代は精神的なストレスでよく腹痛が起こっていた。

退職後は当然ながらストレスの元がなくなり、腹痛は皆無だった。

「黒烏龍茶」くらいしか原因が見つからない。

ネットで「黒烏龍茶 腹痛」「黒烏龍茶 下痢」で検索してみると、黒烏龍茶で腹痛になる事例があるようだ。

「確定」とまではいえないが今回のわたしの場合、「寝る前に黒烏龍茶を飲んだ」ことが「腹痛の原因」である可能性が高い。

まとめ

  • 黒烏龍茶を飲む時は、飲み方、分量を守る
  • 飲み過ぎない

▼2017.1.19追記
その後、「食事中に飲む」ことを守っていると、特に腹痛がおこることもなく飲めている。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS