Googleの検索エンジンアルゴリズム変更の影響(2017年2月)

google

Googleウェブマスター向け公式ブログ」によると、検索エンジンのアルゴリズムを変更したとのこと。

参照記事:日本語検索の品質向上にむけて (2017.2.3)

具体的には、「ウェブサイトの品質の評価方法を改善」したようだ。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

上記記事より

スポンサーリンク

「低品質サイト」の定義

「低品質なサイト」とは何か?

記事によると、

  • 「有用」かつ「信頼できる」情報を提供していないサイト
  • オリジナリティがないサイト
  • 中身がないのに検索結果の上位に表示されるサイト

となる。

要するに「まとめ記事」はダメということなんだろうな。

当ブログへの影響

この記事を書いているのは2017年3月、Googleがアルゴリズムを変更して1ヵ月以上経過している。

当ブログへの影響はあるのか。

試しに、「早期退職」「早期リタイア」「セミリタイア」というセミリタイア業界の「3大キーワード(笑)」で検索してみた。

いずれも、検索結果の最初のページに当ブログが表示される(2017.3.9 9:17時点)。

今のところ、Google先生から「低品質サイト」と評価されていないようだ。

まあ、インチキせずにふつうに個人ブログとして運営していれば、よほどのことがない限り「低品質サイト」のレッテルを貼られることはないと思う。

今後も、当ブログのポリシーを守ってブログ運営していきたい。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader