「国の借金報道」って墓穴を掘ってるなと思う

シェアする

スポンサーリンク
debt

「国の借金が1,000兆円超!国民1人あたり何百万円の借金を抱えてる!」

というニュースが定期的にある。

読むたびに、「墓穴を掘ってるな」と思う。

先日もこんな記事があった。

参照国の借金、昨年度末1103兆円 3年連続で過去最大額を更新(共同通信)(2019.5.10 Yahoo!ニュース)

記事の主張は、

  • 国の借金がとんでもなくふくらんでいる
  • 国民は多額の借金を背負わされている

だ。

スポンサーリンク

借金の金額なんかどうでもいい

ふつうにバランスシートが読める個人投資家がこの手の記事を読めば「なんで借金の金額が問題になっているのか」、理解に苦しむと思う。

日本政府が国債などで借金をしているということは、資産を持っているといことだ。

財務省の「国の財務書類」を見ると保有資産がわかる。

参照国の財務書類(財務省)

記事のように借金が1,103兆円あっても、調達した1,103兆円で「適切に投資」できていれば何の問題もない。

適切に投資できているかは、借金で購入した資産が価値を生んでいるかどうかで決まる。

借金の金額を問題視するのが問題

記事のように借金の金額自体が問題になる理由としては、「適切に投資できていない」ことが考えられる。

もし、日本政府が意図的に「借金が高額なのを問題」にするためにメディアに「借金1,103兆円!」という情報を流しているとすれば、

日本政府は国債で調達したお金を有効に使う能力がありません

とアピールしているのと同じだ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS