30歳で早期退職して1,000万円の貯金を簡単に1億円にする方法

シェアする

スポンサーリンク
10万円

【金持ち過ぎない】1000万円リタイアは「ちょうどいい」のです

という記事を読んだ。

30歳で早期リタイアされたミクさんのブログ「30歳1000万円でリタイア - 150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る」の記事だ。

貯金が1,000万円という金額は、世間一般では早期リタイアするには「少ない」とされるが、適正値だという内容だ。

わたしも貯金が1,000万円で十分すぎると感じた。

理由は「支出額」だ。

スポンサーリンク

生活費は月3万円

ブログの他の記事を読むと、月3万円くらいで生活されている。

参照【底辺生活】月3万円生活が「ちょうどいい」です(2020.7.2 30歳1000万円でリタイア)

無理に節約しているのではなく、そこそこ「ぜいたく」もされているようだ。

月3万円でふつうに暮らせるなら、年間生活費は36万円。

貯金1,000万円なら単純計算で27年ほど持つ(1,000 万円 ÷ 36 万円/年 ≒ 27.7 年)。

「完全リタイア」なら57歳あたりで貯金がゼロになる計算だが、少し働く「セミリタイア」なら、年収36万円は余裕で稼げる。

なので、「年金をもらう前に貯金がゼロ」となる可能性は少ない、とわたしは思う。

1億円の価値

月3万円の生活を実現している人の1,000万円の貯金は、月30万円使うサラリーマンから見ると、1億円の貯金に匹敵する。

支出が10倍になれば貯金の価値は10分の1になるが、支出が10分の1になれば貯金の価値は10倍になるからだ。

つまり、貯金の価値を上げるには支出を下げればいい

方法はカンタン。

わたしの経験上、会社を退職すれば支出は必ず支出は下がる

サラリーマン生活を維持するための「必要経費」「交際費」「交通費」「ストレス解消費」「見栄張り費」などを使う必要がなくなるからだ。

もちろん、月30万円使っているサラリーマンが退職していきなり支出を月3万円に減らせるとは思わない。

まずは無理のない範囲で徐々に減らしていって「適正値」と思えるレベルまで落としていければいい。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS