Kindleのフォント「Droid Serif」の様式が変わった?

シェアする

スポンサーリンク
kindle font

先日(2021年8月上旬)、AnodroidのタブレットPCでKindleを読もうとしたら、違和感を感じた。

文字の「形」がおかしい。

いつも読書するときは、フォントは「Droid Serif」を指定している。

文字の「雰囲気」が違う。

スポンサーリンク

ゴシックみたいになっている

「Droid Serif」の日本語の文字が、次のようにまるで「ゴシック」の様になっているのだ。

Kindle フォント 2021.8

※表示しているKindle本は『草枕』(夏目 漱石(著), 青空文庫)の冒頭部分。

以前は「明朝体」に近かった気がする。

Amazonのサポートに問い合わせた結果

文字の雰囲気が変わっただけなので読書には支障はない。

が、違和感があったので、念のためAmazonのサポートに問い合わせてみた。

参照カスタマーサービスセンター(Amazon.co.jp ヘルプ)

回答は「フォントの仕様変更ではないか」だった。

個人的には明朝体に近かった以前の「Droid Serif」が好きだったので、Kindleのフォントは「Droid Serif」から「明朝」に変更した。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS