[NHK日曜討論のウソ]日本国債のCDS保証料が急騰?

シェアする

スポンサーリンク

1/20のNHK日曜討論をラジオで聴いていたら、「日本国債のCDS保証料は最近急騰している。市場は日本国債が危ないというメッセージを出している」と言っている者がいた。

ブルームバーグで日本国債のCDS保証料(5年米ドル建て)を調べてみると、過去1年間の推移は下図のようになっていた。2013年以降の推移は赤丸で囲んだ部分だ。確かにグラフは上向きだが、「急騰している」とか「日本国債は危ない」というのは明らかに不安を煽っているとしか思えない。

数値で見ても0.8%台である。つまりCDSで見る限り、市場は日本国債が破綻する可能性は8/1000くらいと見ている。エコノミストは日本国債の破綻が近いと思い込んでいるのかもしれないが、市場はそう思っていない。この期に及んでウソをつくのは止めてほしい、見苦しいし、あわれだ。NHKも嘘を平気でつくような教育に害悪な学者を出演させるのは止めたほうがいい。受信料の無駄遣いでしかない。
日本国債CDS 20130120
※グラフの縦軸はベーシスポイント=0.01%。100ベーシスポイント=1%。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS