生涯キャッシュフローを試算してみると・・・

シェアする

スポンサーリンク

寿命を80歳として、現在~80歳までの現金収支を試算してみると、投資しつづけるより一定の額まで達したら全部売却して預貯金や国債で運用したほうがいいことがわかった。計算の前提は次の通り。

・収入は利息、配当のみ考慮(その他の収入は別途貯蓄)
・支出が年1%増加
・65歳から公的年金受給(10%程度の減額見込)
・株式の運用利回りが年1~2%見込(あまりあてにはしない)

株の売却益はあればよし、売却損が出ても最悪8割くらい残ればよし、とした。

要するに、収支が最悪になった場合のキャッシュフローを試算した。
最悪といっても、大病、大災害、大インフレ、年金制度崩壊は考えていない(日本に住んでる限り、ないとはいえない?)。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS