ブログを運営して約1年半

パソコン

2012年2月20日にブログを始めて約1年半が経過した。

サラリーマンを辞めてぶらぶらしならがら、たまに投資家をやる生活を記録するためにブログを開始した。

自分自身の観察日記のような感じだ。

スポンサーリンク

簡単にアクセスは稼げない

ブログをやって思ったのは、アクセス数はすぐには伸びないという現実だった。

当初はアクセスが自分だけという日も多々あった(今もたまにある)。

もうちょっとテーマを絞って書けばいいのかもしれないが、リタイア生活の記録というのが主な目的なので、これからもリタイヤ生活全般について書き続けるだろう。

ちなみに初投稿は下記のような記事だった。

40歳シングル、不惑のアーリーリタイア生活開始

2012-02-20 20:12:11
テーマ:リタイア日記

2011年末に会社を退職した。
理由は色々あるが、人生で貴重な40-60代を会社からとりもどしたかった。

アーリーリタイアを「起業」とすれば、いままさに「起業」に必要な資金ができた瞬間だ。
あとは、楽しく経営すればよい。

もちろん、何も考えずに辞めたわけではない。80歳まで生きたとして、収支をシミュレーションして、ぜいたくしなければ生きていけると判断したからだ。

独り身なので、専業主婦や子供のような経費はかからない。

住宅ローンや生命保険もないので身軽だ。

シミュレーションと現実の違い

早期リタイアして1年半以上経過したわけだが、収支シミュレーションと違っていたのは次の3点だった。

①リタイヤ生活は思ったより支出が少ない

②アベノミクスで資産価格が急増

③筋肉が落ちて体が重くなった(体重が激増したというわけではない)

支出が減って資産が増えたということは、80歳以上生きても大丈夫、ということだ(あくまでも計算上は)。

もちろん40年先どうなっているかなんて、誰も予想することはできないが、お金はありすぎて困るということはないから、今のところは一安心だ。

気をつけているのは、運動不足で自力で動くことができなくなってしまうことだ。

リタイア生活は活動範囲が狭くなるので、自発的に運動しないと筋力がどんどん落ちてくる。

ほぼ毎日30分程度運動しているが、筋力が落ちてくるのを感じる。

体重が激増したわけではないのに、体が重い。

今はそこそこ健康で、自由にできるお金も少々あるから、自分の体力と資金を活用して投資を行い「長期不敗」の体制を構築することが目標だ。

老後にお金が足りないことに気づいて慌てる、ということは絶対に避けたい。

節約と投資、この2つを毎日実行していきたい。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader