3連休中に固定電話で世論調査に回答できる人って

シェアする

スポンサーリンク

休日に固定電話に出て世論調査に回答するヒマがあるのか?世論調査でよく使われる「RDD」という方法。「コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける」方式らしいのだが、対象が固定電話。世論調査の結果、次のようなニュースが出来上がる。

a1380_000344

「安倍内閣支持する」58%(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131015/j61581110000.html

NHKが行った世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は58%で、「支持しない」と答えた人は26%でした。

NHKは、今月12日から3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
調査の対象となったのは1602人で、66%に当たる1058人から回答を得ました。
それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は先月より1ポイント下がって58%でした。一方、「支持しない」と答えた人は、先月より3ポイント上がって26%でした。

問題は、「晴天続きの3連休中に、固定電話にパッと出られて、世論調査に回答できる人」というのはどんな人なのだろうか?

固定電話しか持たないヒマな老人

がほとんどなのでは?

ぜひ、世代別の支持率を出してほしい。


固定電話だけでなく携帯やスマホも世論調査の対象に加えたらいいのでは?と思うが、連休中に旅行先や行楽地で自分の携帯やスマホに「知らない番号」から電話がかかってきていきなり、

「こちらNHKです。安倍内閣を支持しますか?」

と言われたら、

「するかボケーーーッ!」

という回答になるだろう。

安倍内閣を支持しない理由は「休日を旅行やレジャーで楽しんでいるのにいきなり電話がかかってきて腹が立ったから」


ということになりかねない。

世論調査に自分の声を反映させたければ、連休中に固定電話の前に座って待つしかない、固定電話があれば。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS