産業競争力会議の民間議員とは戦前の軍部大臣か

シェアする

スポンサーリンク

辞任をちらつかせて要求を通す。まるで戦前の軍のような振る舞いだ。軍は、陸軍大臣・海軍大臣は現役の中将以上しか就任できないことを盾にとり、大臣の辞職をちらつかせて軍の要求を通した。軍から陸海軍大臣を出さなければ内閣が存続できなかった。薬は近所の薬局で買おう。

三木谷氏、「民間議員を辞任」と迫る(GyaO!)
http://gyao.yahoo.co.jp/news/player/20131025-00000062-jnn-bus_all/

TBS系(JNN)2013年10月25日(金)23:01
一般用医薬品のインターネット販売の解禁をめぐり、楽天の三木谷社長が全面解禁の方針が覆されるなら産業競争力会議の民間議員を辞任すると、再び政府に強く迫っていることが、関係者への取材で分かりました。
一般用医薬品のネット販売をめぐり、政府は6月の成長戦略で原則「全面解禁」を掲げていましたが、その後、厚生労働省などの反発で、一部の品目はネット販売を認めないなどとする方向で最終調整に入っています。
これを受け、関係者によりますと、楽天の三木谷社長は当初の方針通り、全面解禁しなければ、産業競争力会議の議員を辞任する意向を政府に伝えたということです。
三木谷氏は6月にも政府に対し、辞任と引き換えに全面解禁を要求した経緯があり、政府の対応が注目されます。
ネット販売の解禁をめぐっては、規制改革会議も二度にわたって店舗販売とネット販売に差をつけないよう求めていて、政府内で協議が難航していました。(25日17:55)


辞職をちらつかせて自己の要求を通すと聞いて、戦前の「軍部大臣現役武官制」を思い出してしまった。

産業競争力会議そのものが、自社の利益を拡大するための道具になってしまっている。

辞任をちらつかせて要求を迫るという、国家に対する脅迫まがいのようなことまでやっている。

薬は近所の薬局で買おう。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS