株主ならば取締役会議事録を閲覧できる

シェアする

スポンサーリンク

株を購入して株主になれば、取締役会の議事録を閲覧する権利がある。

会社法371条によると、

第三百七十一条  取締役会設置会社は、取締役会の日(前条の規定により取締役会の決議があったものとみなされた日を含む。)から十年間、第三百六十九条第三項の議事録又は前条の意思表示を記載し、若しくは記録した書面若しくは電磁的記録(以下この条において「議事録等」という。)をその本店に備え置かなければならない。
2  株主は、その権利を行使するため必要があるときは、株式会社の営業時間内は、いつでも、次に掲げる請求をすることができる。
一  前項の議事録等が書面をもって作成されているときは、当該書面の閲覧又は謄写の請求
二  前項の議事録等が電磁的記録をもって作成されているときは、当該電磁的記録に記録された事項を法務省令で定める方法により表示したものの閲覧又は謄写の請求


投資先の経営に疑問を感じたら、議事録を請求してみるのもいいかもしれない。

株主に議事録を見られたくない、経営内容を隠したい場合は、

・取締役会を置かない→株主に直接経営してもらう?

・取締役会を置くが、議事録を作成しない(会社法違反)

・取締役会をゼスチャー、パントマイム等で行う

・取締役会を難解でマイナーな外国語、絶滅した古語で行う

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS