EDWIN(財布を愛用)が倒産

東京商工リサーチのサイトによると、

(株)エドウイン[東京] ジーンズ製造卸

国内ジーンズ最大手、「EDWIN」ブランドで有名な(株)エドウイン(TSR企業コード:290779600、荒川区東日暮里3-27-6、設立昭和44年9月、資本金5600万円、常見修二社長)と、グループ会社28社のうち金融債務のある16社の計17社は11月26日、事業再生実務者協会に対し事業再生ADR手続きの利用を申請した。

http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1242850_1588.html


倒産の原因は、同サイトによると、

・ファストファッションの台頭
・東日本大震災
・デリバティブ損失発生のうわさ
・グループの経理責任者が急死し、その原因が「証券投資の失敗などによる200億円の損失隠し」、と報道される
・上記損失発生に関連して、不適切な会計処理が行われていた可能性
・フィナンシャルアドバイザーである野村総研から、業績や資金繰りに問題がないことが伝えられたが、具体的な再建策などについて詳しい説明がない

ちなみに「事業再生ADR」とは、

経営危機に至った企業が、民事再生法や会社更生法の申し立てによる法的手続きに替え、中立な第三者機関であるADR事業者の手によって、債権者・債務者間の話し合いをもとに自主的な整理手続きによって問題解決を図ること。もしくはその手続きのこと。

kotobank.jp「事業再生ADR


以前、「早期リタイア後の財布の中身を公開」で公開した現在愛用の財布がEDWINの財布。

会社も色々、財布も色々、と言うしかない。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader