無職と派遣が大暴れ


TVのニュースを観ていたら、特定秘密保護法の成立に反対して国会の議場に靴を投げ入れる、国会の外で暴れるなどして逮捕者が出たそうだ。

特定秘密保護法案の国会審議中に靴を投げ込んだとして、警視庁麹町署は7日、静岡県島田市の派遣社員の男(45)を威力業務妨害容疑で現行犯逮捕した。

<威力業務妨害>国会審議中に靴を投げる…45歳容疑者逮捕


逮捕者の肩書が「派遣社員」「無職」となっていた。特定秘密保護法に反対しているだけではなく、現状の生活全般の不満が爆発したのではないのだろうか。逮捕者の中には正社員、公務員は含まれていない。暴れて逮捕されるより、定年まで勤めあげたほうがお得だからだ。

格差社会の不満がマグマのように溜まっているような感じがして、恐ろしい。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader