国民年金保険料の2年前納で約14,000円割引

国民年金保険料を2年分前納すると、保険料が「毎月納付に比べて2年間で14,000円程度の割引」となるそうだ。

平成26年4月から国民年金保険料の「2年前納」が始まります(日本年金機構HP)

ブログ「自由と不安 でも やったぜ無職」の記事「国民年金保険料2年分前納」によると、正確な割引額は14,360円とのことだ。

平成25年度(2013年度)の国民年金保険料は毎月納付で15,040円。2年分だと15,040×24=360,960円

2年前納の場合、平成25年度ベースで計算すると保険料は、360,960-14,360=346,600円

もし2年目の平成27年度に保険料が引き上げとなったら、2年前納の「お得度」はさらに高まる。保険料引き上げ前の値段で納付できるのだから(このまま「インフレ」が継続して物価高となれば保険料も引き上げられる可能性が高い)。

記事「少子高齢化だから年金が破綻するって誰が言った?」で示したように、現在の年金制度はほぼ安泰といえる。「分散投資」の投資先のひとつとして無視はできない。

前納制度を「免除制度」に置き換えて考えてみると、「2年先まで保険料免除を申し出た人には現金10,000円をプレゼントします」といえばどうなるだろか?

窓口に免除希望者が殺到するのではないだろうか?

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader