リタイアしても旅行したいと思わなくなる

シェアする

スポンサーリンク

リタイアしたらやりたいことのひとつに「旅行」というのがあった。

時間が有り余るはずなので、長期旅行できたらいいなと思っていた。もちろん、予算に限りがあるので「豪華客船で世界一周」みたいなのは無理だが。

スポンサーリンク

時間はあるが旅行欲がわかない

現在、リタイアして2年ほどたつが、まだ旅行らしい旅行はしていない。

それほど「旅行したい」とは思わなくなった。

「もし、無料でどこでも行けるとしたら、どこに旅行したい?」

と自問自答してみるが、

「特に旅行したい場所はない」

という答えが返ってくる(笑)。

以前「リタイアしたら、お金を払ってまで欲しいと思わなくなる」で書いたように、リタイアしてから「○○したい」「●●が欲しい」という気持ちが消えていっているようだ。

「○○が欲しい」という欲望が自分の人生の中から消えるのだ。意識して無理やり消しているのではなく、文字通り「消えてなくなる」。

リタイアしたら、お金を払ってまで欲しいと思わなくなる

リタイアすると物欲がなくなる?

サラリーマン時代は休日には旅行しまくって「もっと日数に余裕があればゆっくり旅行できるのに!」と不満に思っていたが、リタイア後は旅行したいという欲望自体がなくなった。

交通費、宿泊費がもったいない

という気持ちがあるのは確かだが、これが決定的な理由とは思っていない。実際、昨年の伊勢神宮参拝では交通費がけっこうかかったが「もったいない」とは思わなかった。

特に行きたい場所がなくなった

というのが率直な感想だ。

旅行には日常生活や仕事のストレスを「非日常的な空間」に行くことで解消するという効果がある。

リタイアすれば「日常生活や仕事のストレス」が激減するので、旅行をする動機もなくなる。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS