ATM手数料が有料だと損なのか?

シェアする

スポンサーリンク

ATM手数料は無料のところを使うのは当然、手数料にカネを払うなんてバカバカしい。

本当にATM手数料を払うのは損なのだろうか?

専門家に聞いた「ATM手数料一番トクなのはどの銀行?」

a1180_012754

預金や振込に手数料を払うのはバカバカしい。しかし「引き出し」はどうだろうか?

無料だと何回も引き出してしまう危険性がある。

気軽に何回も引き出せてしまうと、衝動買いや無駄遣いする機会が増える危険性がある。

ATM手数料が有料の場合、預金を「引き出す」ことが「痛み」であることを自分の体に覚え込ませることができる。

ATM手数料を払ったところで、何かいいことがあるわけではない。何のメリットもないことにお金を取られる痛みを味わうことで、無駄な引き出しを防ぐ、という節約方法はいかがだろうか?

※ATMの正式名称はAutomated Teller Machine。tellerは窓口、銀行の金銭出納係。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS