前納した国民年金を返してもらうことができる

前納した国民年金保険料を返してもらうことができる制度が、平成26年(2014年)4月からスタートしていた。

国民年金保険料を前納したが、急に生活が苦しくなって現金が必要になった時に使える制度だ。

日本年金機構HPによると、

平成26年4月からは法律が改正され、保険料の納付期限から2年を経過していない期間(申請時点から2年1ヵ月前までの期間)について、さかのぼって免除等を申請できるようになりました。
(学生納付特例も同様です)


平成26年(2014年)4月時点だと、平成24年(2012年)3月以降の納付分までさかのぼって免除申請が可能なようだ。

もっと重要なのは、「免除になれば、前納した国民年金保険料を返してもらえる」ということだ。日本年金機構HPには書いてなかったが、龍ケ崎市HPによると、

国民年金保険料を前納した後に免除に該当した場合、これまでは前納分は還付されませんでしたが、改正後は免除申請日の属する月以降の部分については還付されるようになります


例えば、2年前納していても、免除になれば免除申請月以降の前納分を返してもらえる。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader