Microsoft Moneyで日本株だけ自動更新できる機能

シェアする

スポンサーリンク

Microsoft Moneyの株価自動更新機能は使えなくなったが、日本株の自動更新用ファイル(ofx形式)を配布しているサイトがある。

株価OFX (β)

以前書いた記事「個人投資家のEvernote利用法」にコメントしていただいた方に教えてもらった。

ofxファイルのダウンロード方法とMicrosoft Moneyの取り込み方法は、上記サイトに詳細に書いてある。

スポンサーリンク

株価OFX (β)の操作


・上場している全銘柄を取り込むと時間がかかるらしいので、保有銘柄だけを選択して取り込む。
・銘柄の選択は、「株価OFX (β)」の「ポートフォリオ」のページで証券コードを入力して「追加」ボタンを押す。
・選択し終わったら「OFXファイルダウンロードボタン」を押すと、ofx形式のファイルがダウンロードされる。

Mcirosoft Moneyの操作


・ofxファイルを取り込む前に、必ずMicrosoft Moneyのバックアップを取る(ofxファイル取り込みに失敗してデータが破損した場合に備えて)。
・株価取り込み用の「ダミー口座」を作る(種類は「投資証券口座」)。証券会社の口座へは絶対に取り込まないこと。

・取り込み時に、ダミーの資産を必ず1つ作り、ここに取り込むようにしてください。既存の口座に取り込むと、全ポジションが 0 になったりして面倒なことになります
これは OFX の仕様上、ポジションに対して価格を指定するようになっているため。このため、全銘柄ポジション 0 で OFX を生成するようにしてあります。
・取り込み時にダイアログボックスが表示されたら、「延期」を押してください。 また、未読の明細書が表示されますが、右クリックで削除して構いません
・「通常使わない資産」に設定し、「資産一覧の表示」から「通常使用しない資産を隠す」にチェックを入れておくことをおすすめします。

「株価OFX (β)」の注意事項


・「ダミー口座」に保有銘柄を追加する。「株価0円、数量0株」の買付データを作成する。種類は「買付」でも「数量の追加」でも可。

msmny1

・「ファイル(F)>取り込み(I)>ダウンロードした明細書(D)」でダウンロードしたofxファイルを選択して、「取り込み(M)」ボタンを押す。

・「完了しました」というメッセージが出れば取り込み成功

・念のため、証券口座のポジションの数字がおかしなことになっていないかチェックする。

・問題なければ、株価が更新されているかチェックする。「ポートフォリオ」の「価格の更新>価格を手動で更新」で、更新日と株価が最新であることを確認する。

msmny2
▲最新の株価で更新されているかを確認する

・「ダミー口座」は実際の入出金では使わないので「通常使わない資産」にする。

※とにかく、ofxファイルの取り込み前には必ずMicrosoft Moneyのバックアップを取ること。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS