ハズレ馬券購入費6,132億円を経費として認めてくれるのか?

シェアする

スポンサーリンク

ハズレ馬券は経費として所得から控除できるのか?

「外れ馬券は経費」検察が上告へ(2014.5.22 NHK)によると、予想ソフトで大量の馬券を購入して当てた30億円のうち、ハズレ馬券購入費を経費として認める判決が出ていた。

もし、ハズレ馬券が経費として認められるのなら、昨年(2013年)はハズレ馬券の「経費」は最大6,132億円になるかもしれなかった。

JRAのサイトによると、平成25年度の「勝馬投票券収入」は2,423,951百万円(約2.4兆円)。払戻金と思われる「勝馬投票券諸支払金」は1,810,668百万円(約1.8兆円)。「勝馬投票券諸支払金」÷「勝馬投票券収入」≒74.8%であり「還元率」に近い。

よって、差額がハズレ馬券購入費と推定できるので、

ハズレ馬券購入費=2,423,951 – 1,810,668 =613,283百万円(約6,132億円)

税を源泉徴収されている人はむずかしいかもしれないが、判決通りハズレ馬券購入費を経費として申告したら、認めてもらえるだろうか?

ハズレ馬券が経費なら、競馬場までの交通費、飲食費、情報収集費、負けこんで体調を壊した時に飲んだ薬代なども経費なのか。

興味あるところだ。

<参考>
JRA:日本中央競馬会平成25事業年度決算等に関する公告

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS