早期退職しても心と財布に余裕があると楽しいことが次々と見つかる

シェアする

スポンサーリンク

記事タイトルは早期退職して感じている正直な感想だ。

ある程度リタイア資金があれば心に余裕ができる。

余裕ができれば色々な「やりたいこと」を時間をかけてできる。

まさに好循環だ。

上司も顧客もいないので、締め切りに追われることはない。

好きなだけ寄り道したり失敗もできる。

今、楽しいと思っていることは、「【奇跡?】食べ蒔きスイカの種が発芽した」で書いた「スイカの栽培」だ。

発芽したスイカの芽は順調に育ってきている。

仮に失敗しても損失は土代や肥料代くらいだから、金銭的には問題ない。

「スイカの育て方を実地で学べた」と思えば安い投資だ。

※※

心と財布に余裕がある状態はいつまで続くかわからない。

時間もお金も有限だ。

時間とお金、どちらが大事かと問われたら間違いなく「時間」だ。

自分の足で立って自由に動ける時間は「今」しかない。

20年後に手に入るかもしれない自由に価値を感じることができない。

もし、某ネット通販で、

自由
¥ ???
★★★★☆(999)
通常15~20年後に発送します。
出品者:●●株式会社

という商品があったとしても、納期が長すぎて買う気はしない。

以前読んだ本、秋元康・鈴木おさむ『天職』で、秋元康が、

幸せの基準は”今が楽しいかどうか”それしかない。


と書いていたが、まさにそのとおりだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS