45歳で早期退職して遊びながら月20万円でのんびり生活する

寝そべる猫

45歳で会社を辞めて、「働かずに月20万円使える生活」を送るためにはどうすればいいかシミュレーションしてみた。

次のような条件で金融資産を取り崩しながら生活したら、どれくらいの運用利回りが必要かExcelで計算する。

<条件>
45歳で退職。スタート時の金融資産は5,000万円毎月20万円使いながらも65歳の年金受給開始時には3,000万円ほど残していたい。

つまり、45~65歳までの貯蓄の取り崩し額を2,000万円とするには、当初金額5,000万円の金融資産を年利何%で運用すればいいのか、という計算問題だ。

スポンサーリンク

45歳で早期退職して遊んで暮らせるか

これらの数値を「森本家のワークシート・資産を取り崩すなら」(2009.11.9 PC online)で紹介されているExcelシートに入力すると、

必要年利回り:3.58%

という数値が割り出せた。

計算はExcelの「PMT関数」使う。

住宅ローンのような有利子の借金を一定期間で返済するためのひと月あたり返済額のような値を求める関数だ。

sim20140310

銀行預金だけでは無理だが、「銀行預金+株式投資」ならうまく運用すればいけそうではないかと思う。

もし、バイトしたりブログで稼いだりするなら、年利回り3.58%のハードルはさらに下がる。

「利息・配当」+「含み益」+「労働収入」があれば、けっこうラクに3.58%を達成できそうな気がする。

月10万円でOKなら

「必要な運用利回りが3.58%というのはハードルが高い。月額20万円もいらない。月額10万円で十分」というなら、必要な運用利回りは0.51%となる。これなら現在(2014.3.8)の長期金利(日本国債10年物)よりも低い値なので余裕でクリアできる。

セミリタイア後のシミュレーションの参考になれば幸いだ。

※2016.3.1追記
現在は日銀のマイナス金利の影響で国債の利回りが非常に低い。

関連記事:これが自動的に貯金できる「家計管理システム」だ

40代で早期退職して自由に生きる
(2016-09-23)
売り上げランキング: 2,558
スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

スポンサーリンク