宝くじの高額当選者が一番多い星座は「水瓶座」

シェアする

スポンサーリンク

宝くじ公式サイトによると、高額当せん者(1,000万円以上)のなかで割合が一番多い星座は「水瓶座」(1/20~2/18)だそうだ。

参照宝くじ当せん者レポート:どんな人?(宝くじ公式サイト)

水瓶座の割合は10.8%。

星座は12個あるので、100% ÷ 12で1星座当たり約8.3%となる。

ちなみに8.3%以上の星座は12星座中8星座ある。

スポンサーリンク

当たりにくい正座は

ちなみに、当せん率が平均未満(8.3%未満)の星座は、

蟹座(7.1%)、天秤座(6.7%)、蠍座(7.9%)、射手座(6.5%)

だ。

誕生日が射手座(11/23~12/21)の人は高額当せんは難しい??

(それとも、射手座は29日なので他の星座に比べて期間が短いというハンデがあるだけか?)

年の後半生まれは当たりにくい?

面白いのは、当せん者の割合が低い「天秤座、蠍座、射手座」は連続していて、期間は9/21~12/21だ。

星座が射手座から山羊座に変わると、高額当せん者の割合は上がる。

12/22~1/19の山羊座は9.1%、1/20~2/18の水瓶座は10.8%。

当せん者の割合だけを見て、

「水瓶座が金運があり、射手座は金運がない」

とは言えない。

「宝くじ購入者は水瓶座が一番多く、射手座は宝くじをあまり買わない」

だけなのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS