ガソリンスタンド店員の中高年化がひどい

シェアする

スポンサーリンク


a1180_011124

先日、ガソリンスタンドで原付バイクの給油をした。

前回に給油した時はレギュラーガソリンが1リットル155円だったのに、今回は136円まで値下がりしていた。

店員の年齢層も大きく変わっていた。

以前は20代くらいの若者がほとんどだった。

今は彼らはおらず、ガソリンスタンドを見渡すかぎり、働いているのはどうみても40、50代の中高年ばかり。

しかも、愛想が悪い、声が小さい、動きが遅い。

ガソリンを入れ終わったら値段をぼそっとわたしにつぶやく。わたしがお金を払うとお礼も何も言わずにお金を受け取る。

「あんたはがんこ職人か」

デフレ不景気の時代だったら絶対に採用されない人だ。

本来なら「中高年ニート」になっているような人でも働ける時代になっている。

いくら人手不足とはいえ、もうちょっと従業員教育してから現場に出してほしい。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS