株式投資で大損する原因は「心の問題」

シェアする

スポンサーリンク
線路

今日(2016年2月12日)の日経平均株価は、前日比▲760.78の14,952.61円(終値)となった。

連日暴落している。

こんなときに思い出したのが、『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』に書いてあった「強欲の対極は恐怖」(p.145)という言葉だ。

強欲に駆られて買いまくり、暴落すると今度は恐怖に駆られて投げ売って撤退する

ということをしていると儲からないよ、と本書を読んで知った。

株価が上がろうが下がろうが心が反応せずに、平常心で投資を継続できれば大損することはない。

大損する原因は「心」に問題がある。

強欲、恐怖、嫉妬、自己欺瞞、うぬぼれである。

p.153

では「強欲、恐怖、嫉妬、自己欺瞞、うぬぼれ」に惑わされることなく平常心でいるにはどうすればいいのか。

株式投資に感情を持ち込まない

ということだ。

ポートフォリオを定期的にチェックして、投資方針に従って数字を調整する……という作業を淡々と続けるだけ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS