なぜ儲かっているブロガーは旅行のことを「出張」と言い張るのか

シェアする

スポンサーリンク
桜

とあるブログの記事を読んでいた。

内容は旅行したことをブログ記事にまとめていた。

記事の文章で気になったのが「出張」という言葉だった。

「ブロガーの個人的な旅行」のようなのに、記事では「旅行」のことを「出張」と書いているのだ。

「出張」という言葉には「業務命令で旅行すること」という意味合いが強い。

出張

会社・役所などの仕事で、他の地域・場所に臨時に派遣されること。

goo辞書

スポンサーリンク

旅費を経費で落とす?

これはわたしの推測にすぎないが、件のブロガーは旅費を「経費」として計上しようとしていたのではないか。

ブログで利益を上げて、税金で持っていかれるくらいなら旅行で使ったほうが有意義に使える、と思ったのではないか。

かかった費用を「旅費交通費」として計上すれば節税になる。

旅行したことをブログの記事にすれば「経費」として計上できる理由になる。

出張レポート例

旅行から戻ってきたら、こんな記事をしたためれば一丁上がり?

※下記の記事はあくまでもフィクションで、列車名、地名、ホテル名などは架空です。

タイトル:東京の桜を視察(2016.4.2~4.3)

東京の桜を視察するために1泊2日の予定で出張しました。

○○駅11:00発の新幹線(なごみ123号)に乗って12:30に東京駅に着きました。

東京駅から南北線に乗り換えて目的地の桜の名所「東上乃公園」へ。

花見客がいっぱいいてびっくり。

(以下、「東京出張」のレポートが続く。写真を何枚か貼り付ける。)

今回の出張で一番の成果は「東京の桜は地元の桜と違って、花びらの表面積が微妙に広いことがわかった」ことです。

夜はちょっと奮発して気負坂のホテルニューオオスミに宿泊しました。

花見シーズンまっただ中だったので、外国人観光客が多かったです。

夕食はホテルのレストランで「4月2日、3日限定スペシャルディナー」をいただきました。

(料理の写真)

東京出張2日目は……(以下、2日目の行動記録を記載する)。

帰りは東京駅20:00発の新幹線(なごみ234号)に乗って○○駅着は21:30でした。

有意義な出張でした。

「出張レポート」は目的地、利用した交通機関、宿泊したホテルを明記して、出張でどんな成果があったかを記事に書いておけばいいのではないか。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS