梅雨でジメジメする日は英国史

雨が降ったり止んだりして、ジメジメする日が続く。

イギリスのEU離脱で株価がどうなるかと思ったが、日経平均株価は2日連続で上がった。

2016年6月28日: 15,323.14

2016年6月27日: 15,309.21

意外に株価が安定してちょっと安心したので「イギリスつながり」で英国史の本を読んでみた。

スポンサーリンク

驚きの英国史

読んだ本は『驚きの英国史』 (コリン・ジョイス著 NHK出版新書 2012) だ。

古代~近現代史を通して網羅してある本ではない。

著者が興味を持った歴史的事件や人物について、エッセー風にまとめてある。

わたしのように英国史の知識がほとんどない人でも気楽に読める本だ。

大発明の数々

わたしの興味を一番引いたのは「スコットランド人の発明」だ。

再び独立の気運が高まっているスコットランドだが、世界的な発明がてんこ盛りだ。

日常生活で不可欠な発明もたくさんある。

本書から発明品の例を挙げてみる。

  • マーマレード
  • レインコート
  • 自転車
  • 中央銀行(イングランド銀行)
  • 糊つき切手
  • 電話
  • テレビ
  • アメリカ海軍
  • 聖書
  • ウイスキー

すごい。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader