定年まで働いて1億円貯めるより、5000万円貯まった時点で早期リタイアしたほうが幸せ

シェアする

スポンサーリンク
telephone

年収が上がらなくてもお金が増える生き方』(藤川太(著),プレジデント社,2013)を読んだ。

本書は、「高給取りなのに貯金ができない」原因と対策を示す家計再生本だ。

年収が1,000万円近くあるのに、なぜか貯金ができない、老後には無一文になるリスクも抱えている……そんな家計を立て直すための本だ。

逆に、「もっとお金を使ったほうがいい」という家計も紹介されていた。

そう、貯金ばっかりして使わない人だ。

こんなに貯金があるのなら、早期退職しちゃえば?

とアドバイスされていた(笑)。

スポンサーリンク

このままだと1億円貯まっちゃいますよ

本書によると、独身で高給取りで低コスト生活しているサラリーマンなら、定年まで働けば1億円の貯金ができるケースも珍しくないという。

定年後、貯金を「タネ銭」として運用し、さらに金融資産を増やすケースもある。

ファイナンシャルプランナー(FP)である著者は、独身でまとまった貯金があるのにお金を使おうとしないサラリーマンには次のようにアドバイスするという。

たとえば、5000万円を貯めたら会社を辞める。収入は減っても上司に頭を下げなくてもいい働き方を選ぶこともできるし、ボランティアに参加してもいいだろう。

こうした提案をすると、多くのサラリーマンは同意してくれるという。

この提案、まさに「セミリタイア生活」だ。

使わないお金に意味はない

わたしも、「定年前でも5,000万円貯まったらさっさと会社を辞める」に大いに同意する。

5000万円が完全リタイアの最低金額
加谷珪一『お金持ちの教科書』(CCCメディアハウス,2014) を読みなおした。「純金融資産5,000万円が”完全リタイア”できるか...

低コストで生活できるなら、退職時の貯金は5,000万円未満でもいいと思う。

独身で、貯金体質で、長年のあいだ低コストで生きていれば、よほどのことがない限り「浪費」で無一文になることはないだろう。

浪費で無一文になる心配よりも、貯金を使わなさすぎて遺産になってしまう心配をしたほうがいい(自戒の念を込めて)。

独身なんだから、遺産をのこしても意味はない。

貯金を守ることばかりではなく、早期退職後の自分の自由時間を充実させるためにお金を使うことを考えたほうがいい。

※※

もちろん、会社の仕事が大好きなら無理に早期退職する必要はないが。

年収が上がらなくてもお金が増える生き方
プレジデント社 (2013-06-20)
売り上げランキング: 24,146
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS