最高の株主優待は株価が上がって「実質ゼロ円」で買い物できること

シェアする

スポンサーリンク
chart

マツモトキヨシホールディングス(3088)の株を長期保有している。

「リーマンショック」で株価が低迷していたとき「マツキヨでよく買い物するから株を買っとくか」という軽い気持ちで購入した銘柄だった。

株主優待は商品券だ。

保有株数に応じて次のとおり商品券がもらえる。

  • 100株以上……2,000円
  • 500株以上……3,000円
  • 1,000株以上……5,000円

この商品券、個人的には使い勝手が悪い。

スポンサーリンク

商品券が使えない理由

商品券は額面500円だ。

釣り銭が出ないので、1回の買い物で500円以上買わなければならない。

マツキヨで500円以上の買い物をする機会があまりない(笑)。

マツキヨの商品券が使えるように無理に500円以上買う
マツモトキヨシホールディングス(3088)の株主優待のマツモトキヨシ商品券(額面500円)を使った。お釣りが出ないので500円以上使...

買い物をして合計が500円未満の場合、商品券を使わずクレジットカードで払う。

なので、商品券がけっこうたまっている。

幸い、有効期限はないので安心してためておける(本当は使ったほうがいいのだけど)。

「実質ゼロ円」で買い物

株主優待の商品券よりもうれしいのが株価の上昇だ。

マツモトキヨシホールディングスの現在の株価は9,380円だ(2017.12.1終値)。

買値の約6倍になっている。

含み益が、今までのマツキヨでの出費の合計を大きく上回っている。

なので、実質ゼロ円で買い物しているような感覚だ(マツキヨ株による資産効果?)。

最高の株主優待は株価が上がることだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS