毎朝、目が醒めて憂鬱になるような仕事なら辞めるのが生産的

シェアする

スポンサーリンク

ブルームバーグに面白い動画があった。

参照「ウォール街には行くな」:ケネス・ランゴーン氏のアドバイス(2018.6.13 ブルームバーグ)

アメリカのホームセンター大手「ホーム・デポ」の創始者ケネス・ランゴーン氏(保有純資産35億ドル(2018年 Forbes))へのインタビューだ。

インタビューは視聴者から寄せられた質問に答えるという形式だ。

質問は「社会に出る人へアドバイスはありますか?」だった。

スポンサーリンク

働け!疲れたら倍働け!

回答は、「必死で働け、疲れたら倍働け」だった(笑)。

なぜ疲れたら倍働くのかといえば、「生産性が悪くなるから」だった。

「疲れて仕事が進まない分、労働時間を増やせ」という意味なのかも。

この回答だけ見ると「ブラック企業の経営者」のように思えるが、この続きが「なるほど!そのとおり!」と感じた。

寝覚めが悪い仕事に就くな

単に「必死で働け」とアドバイスして終わってはいない。

「毎日働きたいと思える仕事以外に就くべきではない」と言っている。

なぜか?

毎朝、目が醒めて憂鬱になるほど最悪なことはない、それこそ非生産的(counterproductive)です」だからだ。

この言葉を聞いてハッとした。

「毎朝、目が醒めて憂鬱になる」という「最悪」のことを、わたしはサラリーマン時代に毎日続けていたからだ。

時間の無駄

朝だけではない。

明日が月曜日だと、日曜日の午後から憂鬱だった。

「朝から」憂鬱なのではなく、「前日から」憂鬱が続いた。

今から思えば、憂鬱な時間は本当に「時間の無駄」だ。

この動画を見て、「早く辞めてよかった」とあらためて思った。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS