「年利11.5%(円建て)の債券はいかが?」というメールが来た

シェアする

スポンサーリンク
chart

メールをチェックしていたら、

【最大で年11.50%(税引前)】円建てで好利率の債券をご紹介いたします!

というタイトルの証券会社からのメールがあった(受信年月:2019年3月)。

「利率が年11.5%」「しかも円建て」という条件に思わずメールを読んでしまった(笑)。

個人向け国債(変動10年物)の金利が年0.05%近辺をうろうろしている今、なぜ11.5%もの利率の債券があるのか。

それは、「債券」というより「客が大損するだけのギャンブル」だからだ。

スポンサーリンク

株価を予想するギャンブル

メールで推している債券は「早期償還条項付 上場投信転換条項付 デジタルクーポン円建債券(NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信)」という長い名前の「債券」だ(商品の具体的な内容に興味がある方はググってください)。

この債券の利率は最大で年11.5%(税引前)となっている。

が、11.5%が保証されるのは最初の1ヶ月だけ。

2ヶ月目以降は次のような末路になる。

  • 日経平均が上がれば債券の利率は年11.5%(税引前)、下がれば0.5%(税引前)
  • 日経平均がめっちゃ上がれば債券が早期償還されて終了
  • 日経平均がめっちゃ下がれば大幅に元本割れして終了

要するに、将来の日経平均株価を予想するギャンブルだ。

ふつうのETFを買った方がマシ

日経平均が上がれば年11.5%の利息がつくのだが、日経平均が上がっているということは株高だ。

なら、ふつうに日経平均連動型のETFかインデックスファンドを買ったらええんとちゃうの。

日経平均が大幅に上がると、年11.5%の利息を客に払い続けないといけないから損なので、「早期償還条項」を発動して、元本を客に返して終了する。

日経平均が下がれば客は0.5%の利息しかもらえないばかりか、元本を大幅に割り込んで損をして終了する可能性もある。

債券といいながら「大幅な元本割れ」のリスクがあるのだから、ふつうの日経平均連動型のETFを買った方がマシだと思う。

参考文献・サイト

お金がたまる人たまらない人―なぜあの人はお金がたまるのか』(丸田潔(著), 主婦の友社, 2006)pp. 84-87「いちばん大切なことはダマされないこと~高金利、元本保証、有利を安易に信じてはいけない」

金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか』(吉本佳生(著), 光文社新書, 2005)pp. 298-305「高金利の債券のカラクリ」

臆病者のための株入門』(橘玲(著), 文春新書, 2006)pp.178-180「ぼったくりを目的とする商品」

仕組み債による証券会社「荒稼ぎ」の手口(2015.12.4 東洋経済オンライン)

ノックイン投信の特徴やリスクとは?(日本証券業協会)

割に合わない「仕組債」のカラクリを知る(2018.5.21 日経ビジネス電子版)

やさしい、かんたん 仕組債(しくみさい)入門(楽天証券)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS