Kindle端末のmicroSDカードは二度と抜かないと誓う

シェアする

スポンサーリンク

先日の記事で、わたしのKindle端末で使っているmicroSDカードが破損したこをを書いた。

Kindle端末で使っているmicroSDカードが2年たらずで「風変わりな破損」をした
Kindle端末(Fire HD 10 タブレット)で使っているmicroSDカードが破損していた。 「破損」といっても、ちょっと風変...

破損の原因を考えてみると、「SDカードを何回かKindle端末から抜き取ったから」ではないかと思う。

抜き取った理由は「PCから直接ファイルを書き込みたかったから」だ。

SDカードをPCに差し込んでデータを書き込む、ということをやっていた。

ちゃんと正しく抜き取れば破損しなかったかも。

スポンサーリンク

正しい抜き取り方

本当は、Kindleの「設定」から「SDカードを取り外せる状態」にしてから抜き取らないといけない。

設定

参照SDカードを挿入、管理する(Amazon.co.jp ヘルプ)

が、わたしは「SDカードを取り外せる状態」にせず、スロットに入っているSDカードを抜き取った。

ということを何回かやったために破損したのではないか。

もう、二度と抜かない

今後は、PCからSDカードにファイルを書き込む場合も、SDカードを抜かないようにしたい。

Kindle端末とPCをUSBケーブルで接続してデータのやりとりをしたい。

参照コンピュータからKindle端末にコンテンツを転送する(Amazon.co.jp ヘルプ)

今回買い替えたmicroSDカードは3,000円以上もした。

破損したら大変だ。

もう、二度とKindle端末からSDカードは抜かない。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS