阪神のソラーテ退団とわたしの早期退職

シェアする

スポンサーリンク
dandelion

阪神のソラーテが退団(というかクビ)になるようだ。

参照阪神のソラーテ内野手 退団へ(2019.9.8 NHK 関西のニュース)

退団理由が「1軍昇格拒否」だ。

ソラーテ選手は6日、再び1軍に招集されて、広島市のマツダスタジアムに到着しましたが、首脳陣に対し、「モチベーションが上がらない」などと訴えて1軍昇格を拒否したため、関西に戻ったということです。

サラリーマンでいえば特に理由もないのに出勤を拒否して、出張地から自宅に戻ったようなもの。

わたしの退職理由と似ているな(笑)。

早期退職を決断して、あとは「退職の意思」を上司に言うだけとなったときはモチベーションは最低だった。

当然、出社する気も起こらなかった。

退職を先延ばししても心がすりへって損失がふくらむだけ
わたしが40代前半で早期退職するまでの経緯を簡単に振り返る。 退職を決断したのに、実際に退職することをずるずると先延ばしても何もいいこ...

ソラーテのように出勤拒否はしなかったけど(笑)。

上記記事の最後に、

ソラーテ選手は入団から2か月も、たたないうちに退団する異例の事態になりました。

とあるが、「異例の事態」というのは間違い。

記事を書いたNHKの記者は「グリーンウェル」を知らないのだろうか?

参照阪神“最悪伝説”グリーンウェル氏 契約金返金を進言と証言も 引退後は多角経営(2019.7.7 デイリースポーツ online)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS