「Corel Live Screen Capture」で「Prepare Record Failed!!! #48」というエラーが出る

シェアする

スポンサーリンク

わたしが使っている画面キャプチャーソフト「Corel Live Screen Capture」を起動してPCの画面をキャプチャーしようとしたら、

Prepare Record Failed!!! #48

というエラーメッセージが表示されて使えない。

error

なのでメーカー(Corel)のサポートに対処法を問い合わせてみた(問い合わせ時期:2019年9月)。

参照ナレッジベース(よくある質問とその回答集) (Corel)

ちなみに、PCのOSは「Windows 10 バージョン 1903」だ。

スポンサーリンク

対処法

しばらくして、対処法の回答があったのでやってみた。

対処法を簡単にまとめると次のとおり。

  1. アプリケーションのアンインストール
  2. PCのクリーンアップ
  3. アプリケーションのインストール

上記の順にやっていった。

アンインストール

PCからアプリをアンインストールした。

アンインストールしたのは動画編集ソフト「Corel Visual Studio X10」だ。

「Corel Visual Studio X10」の中に「Corel Live Screen Capture」が含まれているからだ。

Windows 10の「コントロールパネル」から「Corel Visual Studio X10」をアンインストールした。

クリーンアップ

次はPCのクリーンアップだ。

Corelのサイトからクリーンアップ用のアタッチメントをダウンロードして実行した。

ダウンロード元http://www.corel-jp.com/files/support/tools/VideoStudio/VSX10_Cleanup.exe

再インストール

クリーンアップ終了後、「Corel Visual Studio X10」をDVDからインストールした。

インストールするときはシリアル番号の入力が必須だ。

インストール後にアプリを起動するとメールアドレスの入力を求められる。

入力するメールアドレスは、最初にインストールしたときに入力したアドレスでないといけないみたいだ。

「Corel Live Screen Capture」を起動して、無事にPCの画面をキャプチャーできることを確認した。

これで一件落着。

【注意】上記の対処法はあくまでもわたしのアプリ向けの対処法なので、同様の現象が発生した場合でも念のためにCorelのサポートに対処法を問い合わせた方がいい。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS