ブログを電子書籍化する3つの理由

シェアする

スポンサーリンク
book5

当ブログでは記事の一部を電子書籍化してKindle本として出版している。

理由は3つある。

  1. 収入源の分散
  2. ブログ記事の保存
  3. 作業が楽しい

それぞれ詳しく説明する。

スポンサーリンク

収入源の分散

ひとつめの理由は、「収入源を分散したいから」だ。

収入源はひとつよりも複数の方が「減収リスク」は低い。

もし、収入源がブログのみだと、ブログの収益が下落してきたら被害が大きい。

なので「Kindleの印税(ロイヤリティ)」という収入源を追加することで「収入減少リスク」の低減化を目指している。

50代のセミリタイア8年目を支えた5つの収入源
昨年(2019年)、セミリタイア生活8年目を支えた5つの収入源の割合をグラフにしてみた。 2011年に会社を辞めて8年かけて、これらの...

2020年度はブログの収益が減少した分、Kindleの収益増で助けられた。

ブログ記事の保存

ふたつめは「ブログの記事を保存しておきたいから」だ。

当ブログは独自ドメイン(soutai40.com)でレンタルサーバーを借りて運営している。

ブログの運営も、いつかは終わる。

ドメインとレンタルサーバーを解約すると、ブログはネットから消えるので記事を閲覧できなくなる。

なので、残しておきたい記事を電子書籍化して、ブログ終了後も読んでもらえるようにしておきたかった。

電子書籍化が楽しい

3つめは「ブログを電子書籍化する作業が楽しいから」だ。

電子書籍化の主な作業はざっくりと挙げると次のとおりだ。

  • ブログ記事の選定
  • 記事の加筆・修正
  • 目次の作成
  • タイトルの決定
  • 表紙の作成
  • 値決め

ブログだと文章だけ書けばいいが、電子書籍だと文章を書く以外の作業(目次・タイトル・表紙)にけっこう労力がかかる。

労力はかかるが、けっこう面白い

Kindle本『40代で仕事に疲れたので早期リタイアしてみた』作成の裏話
先日、当ブログのKindle本『40代で仕事に疲れたので早期リタイアしてみた』を発売した。 Kindle本を作成するにあたって...

追伸

「Kindleストアに書籍を並べておけば、あとは何もしなくても毎月収益が入る」というのも電子書籍化の楽しみのひとつだ(笑)。

もちろん、本をダウンロードしてもらわないと1円も入ってこないが。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS