Kindle Unlimitedの貸出数上限が10冊から20冊に倍増

シェアする

スポンサーリンク
kindle

Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」の貸出数の上限が10冊から20冊に倍増しているとのこと。

参照Kindle Unlimitedの同時貸出数、いつのまにか10冊から20冊へと増量。ただしユーザー限定?【やじうまWatch】(2021.8.31 INTERNET Watch)

わたしも最近(2021年11月)、Kindle Unlimitedの本が10冊を超えて借りることができるのに気づいた。

当初は「Kindle Unlimitedのシステム不具合か?」と思っていた。

貸出数をカウントするプログラムにバグがあるのかと……。

本当に上限が10冊から20冊に倍増していたのか。

スポンサーリンク

貸出無制限になった気分

上限が10冊のときは、11冊目を借りようとすると、借りている本を1冊返却しないといけなかった。

20冊借りることができると、まるで無制限に本が読めるような気分だ。

「20冊同時に読む」ことはほとんどないからだ。

気持ちいい。

全会員が20冊読めるわけではない?

上記記事によると、「Kindle Unlimitedの同時貸出数が10冊→20冊に倍増」となるのは全会員ではなさそうだ。

もっとも現時点では全員というわけではなく、人によっては10冊のままという場合もあるので、何らかの条件があるか、もしくはA/Bテストが行われている最中と見られる。

一部ユーザーを対象に貸出数を増やして「上限を20冊にしても採算が取れるか?」などについて調査中なのかも。

P.S. 当ブログのKindle本はすべてKindle Unlimitedに入っているのでよろしければお読みください。

※上記は2021年11月15日現在の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS