アラフィフで「楽天ペイ」デビュー

シェアする

スポンサーリンク
pay

先日、買い物で初めて「楽天ペイ」で支払った。

いつもは「楽天カード」を使っているのだが、今後は「楽天ペイ」で決済していこうと思う。

理由は「楽天カードよりポイント還元率が高いから」だ。

「楽天ペイ」を次のように設定すると、還元率がアップする。

スポンサーリンク

楽天ペイの設定

わたしが楽天ペイを使うときは次のように設定している。

  1. お支払い元……楽天キャッシュ
  2. ポイント……「期間限定ポイント+通常ポイント」を使う
  3. ポイントカード……瞬間チャージ

上記の設定でポイント還元率が最大2.5%となる。

楽天カードで楽天キャッシュをチャージすると+0.5%。

支払い前に楽天ポイントが付与されると最大+1.0%(還元率は店舗により異なる)。

楽天ペイの利用で+1.0%。

合計、最大+2.5%となる。

次に、楽天ペイの設定について説明する。

楽天キャッシュ

楽天ペイでの支払いは「楽天キャッシュ」を使うようにしている。

「楽天キャッシュ」は楽天の電子マネーだ。

参照オンライン電子マネー「楽天キャッシュ」(楽天)

楽天カードでチャージすることで「楽天ペイ」や「楽天カード」でポイントと同じように使える。

ポイントを優先的に使う

買い物などでためたポイントは最優先で使うように設定している。

優先順位は、

  1. 期間限定ポイント
  2. 通常ポイント
  3. 楽天キャッシュ

の順だ。

失効の危険性がある「期間限定ポイント」を最優先で使うように設定している。

瞬間チャージ

3つめの「瞬間チャージ」とは「楽天ペイ」のアプリにある「ポイントカード」で支払うとき、ポイント不足になると自動的に楽天キャッシュがチャージされる機能だ。

チャージはクレジットカードで行う。

例えば、ポイントの残高が500ポイントで瞬間チャージ額を1,000円に設定すると、利用可能額は、

500 + 1,000 = 1,500 ポイント

となる。

ポイント不足になると、別途チャージしたり不足分を現金で払ったりと面倒になるが、「瞬間チャージ」を使うようにしておけば「ポイント不足」の心配はなくなる。

参照「ポイント払い 瞬間チャージ」とは?メリットと使い方・使えるお店を解説!(楽天ペイアプリ)

データ使用量

楽天ペイの利用で気になったのが「データ使用量」だ。

外での買い物に楽天ペイをホイホイ使っていいものか……。

1回使ってみて使用量を確認すると「743KB」だった。

つまり、約0.7MB。

ギガに換算すると約0.0007ギガ(GB)だ。

特に心配するレベルではないことを確認した。

ということで、これからもリアル店舗での買い物で楽天ペイを使っていこうと思う。

<参考動画>

※上記は2021年11月23日現在の情報です。ポイント還元率等は今後改悪されるかもしれませんので最新の情報を確認してください。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS