何回も読んだ「生涯保有」投資本ベスト3

シェアする

スポンサーリンク

個人投資家として生きていく上で参考になった本を3冊挙げてみた。この本は決して古本屋に売らない。生涯保有し続けて読み続けるだろう。

■金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか 吉本 佳生著 (光文社新書)
金融商品の仕組みやセールストークを知るには最良の本。本書によれば、安心して買えるのは個人向け国債くらいだ。99%の投資信託、保険、外貨商品は検討にすら値しないとわかるだろう。

金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)
(2005/05/17)
吉本 佳生

商品詳細を見る

■敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか チャールズ・エリス著
タイミングで株を売買して勝ち続けるのは不可能。では、買い持ち戦略で勝てるのか、、、。

敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか
(2003/12/04)
チャールズ・エリス

商品詳細を見る

■お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門 橘玲著
日本国が保証する最強の金融商品とは?税法と年金は投資家の必須知識だ。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
(2002/11/26)
橘 玲

商品詳細を見る

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS