せっかく非正規社員から正社員になれたのに退職した40代独身女性

person

元同僚から「退職しました」と知らせが来た。

ようこそ早期リタイアの世界へ。

彼女は40代後半の独身女性。

スポンサーリンク

40代で非正規から正社員に

彼女は数年前から私の元勤務先で派遣社員として働いていた。

やっと、晴れて(?)正社員として採用された。

おそらく、労働者派遣法の「派遣労働者に対する雇用契約の申込み義務」に基づくものだと思われる。

もちろん、彼女が優秀だから、という理由が一番大きいと思っている。

40代の独身女性が非正規社員から正社員になれたのだから、一般的には喜ばしいことだ。

しかし……。

不合理だらけの正社員の世界

正社員になったとたん、彼女に「業績アップ」や「経費節減」のノルマがどかっと課されたらしい。

「無駄と思える会議も急増した」と愚痴っていた。

派遣社員さんは正社員限定の会議をハシゴする必要はなかったからね。

正社員になると出席必須の会議が急増する……これが元非正規社員が一番驚くポイントだと思う。

会社の業績と無関係と思えるようなノルマや、上司がいばるだけのために存在する「誰特」会議なんて、さぞや苦痛だったにちがいない。

勤務先が同じでも派遣社員(非正規社員)と正社員では立場ががらっと変わるから、自分に合った働き方って大事。

ゆめゆめ、安定度や収入に釣られて正社員を目指さない方が得策のようだ。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader