100%貯金するより少しでも投資したほうがボケない

シェアする

スポンサーリンク

金融資産すべてをほぼ無リスクの円預金や日本国債にするより、少額でもいいから株式投資のようなリスク資産にしておけば脳が活性化されてボケにくいと思う。

個別株でもインデックスファンドでもいいので、値動きのする金融商品を買えば、いやでも日々の株価が気になる。

ニュースで日経平均株価、NYダウ、為替の金額を見たり聴いたりするとドキドキする。

この「ドキドキ」が若さを保つ秘訣だと思う。

一生遊んで暮らせるだけのお金があったとして、すべて郵便貯金に回して取り崩しならが生きていると、考えることがなくなり、脳への刺激も少なくなる。郵便貯金だけだと、関心事が
・定額貯金のキャンペーンでポスト型の貯金箱がもらえるかどうか?
ぐらいになってしまう。

急速にボケる。

投資すれば定期的に金融指標を調べたり、投資に関する本を読んだりするので、活動量が増える。

投資以外の趣味でも脳が刺激されるが、投資は「お金が返ってくる」という(最大かつ唯一の)メリットがある。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS