大株主ほど懇親会に行く暇がない

今年も「日清食品HD株主懇親会」の通知が来た。「色々なインスタントラーメンが食べられる試食会」が一番の楽しみだ。

参加希望者の抽選方法の説明を見ると、

・300株以上の株主は参加申し込みすれば確実に参加できる
・定員枠 – 300株以上の株主の参加希望者 = 300株未満の株主の参加可能人数

となっている。300株未満の少額株主は、残った席を取り合う形となる。

日清食品HD(2897)の株価は最近は4,500円くらいなので、300株以上保有するには135万円以上は必要だ。ラーメン株に100万円以上つぎ込めるのは相当金持ちだと思う。

しかし、平日に開催されるインスタントラーメンの試食会に、のこのこ出かけてくる金持ちは少ないと思う。恐らく、出席できる暇がある人は100株持っているような個人投資家だろう。

お金持ちが参加を辞退すればするほど、下々の者がホテルニューオータニでインスタントラーメンを食べるチャンスが増える。

※インスタントラーメンを食べたいだけなら、株よりラーメンを買ったほうが手っ取り早いし低リスクだ。例えば、Amazonのカップヌードルの単価は123円。135万円あれば10,975食べられる。300株≒10,975カップヌードル。毎日3回食べても10年楽しめる。ホテルニューオータニで部屋を予約して外の景色を眺めながら優雅にインスタントラーメンを食べても数万円くらいだろう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader