セミリタイアなら使える年利1%~30%の国営積立預金

シェアする

スポンサーリンク

というツイートがあったので「小規模企業共済」の資料請求をしてみた。

個人事業主、中小企業向けの退職金制度のようだ。つまり、リタイアする時に「退職金」として受け取れる積立預金のようなものだ。

ただ、普通の積立預金より有利なのは、

  • 掛金が所得から控除できる
  • 元本が全額保証される(ただし、共済期間20年以内に中途解約したら元本割れする場合あり)
  • 利率が銀行預金より高い

ということ。

スポンサーリンク

予定利率は1%


定期預金の金利が0.4%で喜んでいるご時世なので、予定利率1%というのは高い。制度の趣旨が零細事業者の支援なので、税金が投入されているのだろう。

掛金を月額7万円で20年間積み立てたとすると、

元本=7万円×12月×20年=1,680万円

年利1%で運用したらどうなるか。Excelのfv関数で計算すると、18,589,287円。利息は1,789,287円。

つまり、元本1,680万で利息は約179万円。利益率は約10.6%だ。

所得があればさらに利率は上がる


掛金は損金として全額所得から控除できるので、「節税効果」により実質的な利率を上げることができる。

中小機構HP:実感してください、「小規模企業共済」の節税効果!

によると、所得500万円で月々の掛金が7万円なら節税効果が255,600円。1年の掛金は84万円(7×12=84)なので、実質利回りは

255,600÷840,000≒30.4%

と、実質年利30.4%という信じられないような金融商品になる。

加入資格


セミリタイアして個人事業主で小規模企業共済に加入するには、申込時に「開業届」または「確定申告」の控えを提示する必要がある。「完全にリタイアしてしまって何もしていない」ならダメだが、税務署に自営業の開業届を出して細々と商売していれば加入資格があると思う。例えば、ブログを書いたりネットで何か売ったりしてある程度収入があれば、立派な「自営業」ではないだろうか。

開業届は、国税庁HP:[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続

のPDFファイルを2枚印刷して2通(提出用、控え)書く。封筒に、開業届2通と、切手を貼った返信用封筒を同封して管轄税務署に提出すると、数日後に控えが返送されてくる。

開業届は「届け出」なので、書類の不備がなければ100%受理される。届け出を出した後は届け出内容のとおり事業を行う。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS