新入社員の時から早期退職の準備を始めるべし

シェアする

スポンサーリンク

早期退職者からの新入社員へのメッセージ。それは、

早めに早期退職の準備を始めるべし

だ。できれば4月1日に入社してから準備を開始するのがベスト。遅ければ遅いほど取り返しがつかなくなる。

何が取り返しがつかなくなるかといえば、人生の選択肢が「定年まで会社にしがみつくこと」しかなくなってしまうことだ。もし、他に選択肢も貯金も持たないまま定年前に退職させられたら……これ以上の悲劇はない。

早期退職といっても「すぐに会社を辞めろ」とか「一生遊んで暮らせるだけのお金を貯めろ」というのではない(もっとも、「一生遊んで暮らせるだけのお金」が貯められたらそれに越したことはないが)。まずは、収入の範囲内で生活することを心がけて、財形等の天引預金をしていけばいい。欲しい物をすべてガマンして貯金する必要はないが、浪費グセ、借金グセがつくと治すのが難しくなる。お金がないために将来の選択肢がなくなる悲劇は防ぎたい。40歳を過ぎてあわてて貯金や節約を開始しても手遅れだ。

入社から定年まで約40年。年功序列も終身雇用もなくなってしまい、仮に定年まで働いたからといってハッピーリタイアできる保証はない。就職先のエライさんがが「定年まで雇用を保証します」と約束したとしても、約束したエライさんが退職したり、会社が他社に買収されたり、倒産してしまえば、そんな約束は吹き飛んでしまう。

しかし、体力と知恵と少々貯金があれば、何とか生き残っていける。

健闘を祈る。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS