『ちょっとした日本人の知恵』がちょっとしてない

シェアする

スポンサーリンク

a0960_005960

役に立って驚きの生活の知恵が満載。

パキラハウス『ちょっとした日本人の知恵 』(講談社+α文庫)

例えば「食べ物の知恵」のほんの一部を紹介すると、、、

二本入りのチクワを半分使うときは、二本とも半分使うと残りがしまいやすい。

ゴボウは、米のとぎ汁で煮ると軟らかくなる。

サツマイモは日に当てると甘みが増す。

キュウリは、イボが尖っているものが新鮮。

野菜は朝取りより夕方採ってすぐ食べるほうがおいしい。


ちょっとした知恵を活かすと、食生活のクオリティがぐっと上がりそう。

「社会人の知恵」で役に立っているのは、

自分で文章を書いたとき、ここはよく書けているとうっとりする箇所は、一番だめな箇所だから削ったほうがよい。

文句をつけてくる人の言葉の中に「なになにしてくれと言っているんじゃない」といった否定形があったら、それがその人がほんとうに求めていることである。

輪ゴムを頭にはめると集中力が増し、成績が上がる。足首にはめると脚が速くなる。


その他、「絶対に勝てる賭け」や「雑草で紙を作る方法」「線香で煙の輪を作る方法」「猫の便秘を治す方法」など、人生が楽しくなる知恵も。

掲載されている知恵は833個。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS