個人向け国債のシミュレーション画面がリニューアル

ツイートをボケーッと見ていると、

というのが流れてきた。

早速、サイトを見てみた。


シミュレーション機能で確認できることは2つ。

・今まで受け取った利子の合計金額
・中途換金した場合の受取金額

例えば、第38回の個人向け国債(10年変動)を今月末(2014年10月31日)に100万円分、中途換金した場合のシミュレーション結果は次のようになった。

銘 柄 : 変動10年 第 038 回債
中途換金実施日 : H26.10.31
(A)中途換金する額面金額 = 1,000,000円
(B)経過利子相当額 = 149円
(C)中途換金調整額 = 3,624円
(D)中途換金時の受取金額 =(A)+(B)-(C)= 996,525円

受取金額は元本割れしているが、今までに受け取った利子を入れると、購入後に受け取った金額は合計1,006,499円(税引後)となり、購入金額を超える。

個人向け国債から受け取った利子の合計を確認したい人、中途換金したい人はぜひチェックしてほしい。

そして何より、国債は「借金」でもあるが「資産」でもあることを確認してほしい。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader