電子書籍は株価のように値段が上下する?

シェアする

スポンサーリンク


a0002_008671

電子書籍のKindle本の値段って、結構値動きがある。

例えば、先日購入した、

蛭子能収『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21 2014)

のKindle版は購入価格が432円だったが、

本日(10月26日 10:20)の価格は720円になっている。

Amazonでは新品の在庫はなし。中古品は新品以上の価格がついている。

本書は、自己顕示欲と承認欲求がはびこる現代社会に「目立たず、一人でいるほうが自由で快適」と主張する。うん、正解正解。

「人気度」「紙書籍の在庫」「中古品のプレミアム価格」などが電子書籍の価格に影響するのだろうか。

電子書籍も株のように値段が動いているとしたら、まるで書籍がリスク資産のようで面白い。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS